勉強

歯科衛生士国家試験【歯科衛生士法】ここさえ押さえておけば合格間違いなし!

〈目的〉
第1条.この法律は〜もつて歯科疾患の予防及び口くう衛生の向上を図る。
第2条.厚生労働大臣の免許を受けて歯科医師の指導の下に歯牙及び口腔疾患の予防処置と行う。
(2015年に直接が排除。)
一.歯牙露出面及び正常な歯ぐきの遊離縁下の付着物及び沈着物を機械的操作によって除去する。
二.歯牙及び口腔に対して薬物を塗布する。

予防処置-昭和23年
業務独占
・スケーラーなどの器具・機械を使用した除去
・う蝕予防を目的としたフッ化物塗布
診療補助-昭和30年
・診療の補助は看護師の業務独占
・明確な法律上の規定はない

保健指導-平成4年
名称独占
・秘密保持
・業務記録:3年保存
・2010年すべての学校が3年制以上に

業務従事届出の義務
2年ごと
12月31日現在の氏名.住所.登録番号.年齢.従事先の所在地・名称など
↓翌年の
1月15日までに就業地の都道府県知事に届出(所轄の保健所長)
義務であり届けないと罰則あり

免許の申請
①申請書
②合格証明書
③戸籍謄本or住民票の写し
厚生労働大臣に提出

名簿の登録事項
①登録番号及び登録年月日
②本籍地都道府県
③氏名
④生年月日
⑤合格年月

RELATED POST